ふるさと納税比較ガイド

・ふるさと納税がお得って聞いたけど、手続きとか面倒臭そう…
・ふるさと納税しても確定申告の仕方がわからない…
・職場の同僚がふるさと納税で大量のお肉をもらってるらしい…
・ふるさと納税でパソコンがもらえるの!?

 

 

など、ふるさと納税に興味はあるけどやり方がわからないというあなたへ。

 

 

実は、ふるさと納税って昔は面倒だったんですが今は確定申告も必要ないですし、すごく簡単にできるようになっています。

 

サラリーマンだからこそやった方がいい、ふるさと納税の仕組みなどについてまとめてみました。

 

 

ふるさと納税の仕組み

 

ふるさと納税比較ガイド

 

 

例えば、年収600万円の人のケース。

 

何もしなければ、2年間で360万円の税金を支払うだけです。

 

 

しかし、ふるさと納税をすると?

 

支払う税金は360万2000円と2000円だけ増えるんですが、お礼の品をもらうことができます。

 

 

例えば、上の画像のように68000円ふるさと納税した場合、どれくらいの返礼品がもらえるんでしょうか?

 

 

さとふるリンク

 

↑のリンク先を見るとわかりますが、

 

1万円でお肉3キロ
1万円でお米10kg
1万円でカレー50食

 

とかもらえますよね。

 

6万円のふるさと納税をする場合、単純に2セット分でお肉6kgにお米20kgにカレー100食分も手に入ってしまうんですね。

 

これが、2000円でもらえると考えると良くないですか?

 

 

最初に寄附金を支払うので損した気分になるかもしれませんが、ふるさと納税を考える時は2年スパンで考えなくてはいけません。

 

1年目に6万円多く支払ったとしたら翌年の税金が2000円を引いてまるまる控除されるので結果的にほとんど変わらず、お礼の品をたっぷりもらえるということですね。

 

 

 

ふるさと納税の限度額と上限の計算方法

 

ただし注意点として、ふるさと納税は好きなだけしていいわけではありません。

 

1年間の収入に応じて限度額が決まっています。

 

 

例えば、年収400万円の人の場合は大体33000円が目安ですし、年収600万円の人は69000円が目安です。

 

※独身なのか結婚しているのか、子どもがいるのかなどの条件で変わってきます

 

 

総務省が発表している限度額の目安がこちら。

 

ふるさと納税比較ガイド

 

 

この限度額を超えると、税金は控除されるにただの寄附になってしまいます。

 

1万円でお肉3キロを買ったようなものになり損してしまうので気をつけてくださいね。

 

 

「限度額の計算とかめんどくさそう…」

 

と思いましたよね?

 

でも、実は面倒な計算はする必要がありません。

 

 

CMでよく見かける「さとふる」や「ふるさとチョイス」などのふるさと納税ポータルサイトには控除額シュミレーションが用意されています。

 

この控除シュミレーションを使って年収などの簡単な項目を入力するだけで、限度額の目安があっという間にわかるのです。

 

控除シュミレーションリンク

 

 

おすすめのふるさと納税サイト

 

ふるさと納税サイトはいくつもあるので、どれを利用すればいいのか迷ってしまいますよね。

 

掲載自治体数が多いふるさと納税ポータルサイトがいいのですが、初心者でも利用しやすい方が最初はやりやすいです。

 

 

そこで、掲載自治体数を考慮しつつサポートの充実しているふるさと納税サイトのランキングを作ってみました。

 

 

1位:さとふる
2位:ふるなび
3位;ふるさとチョイス
4位:noma-style.jp

 

 

 

ワンストップ特例制度とは?

 

「ふるさと納税しても面倒な確定申告をする必要がなくなった。」

 

最初にそうお伝えしましたが、確定申告を不要にしてくれた便利な制度が「ワンストップ特例制度」というものです。

 

 

ふるさと納税比較ガイド

 

 

ワンストップ特例申請をすることで、確定申告をしなくても税金の控除が受けれるようになります。

 

 

ワンストップ特例制度を利用するには申請が必要ですが、簡単な書類に記入して自治体に発送するだけなので難しいことはありません。

 

 

ワンストップ特例制度については、さとふるさんが詳しく解説してくれているのでチェックしてみてください。

 

→ ワンストップ特例制度とは

 

 

 

2018年もふるさと納税で家電はもらえる?

 

「ふるさと納税でパソコンや洗濯機がもらえる!」

 

こういう話を聞いたことがあるかもしれませんね。

 

 

しかし、2016年に寄附を集めたい自治体によって返礼品競争が起きたことで総務省から返礼品の金額を3割まで落としなさいという通達が出れました。

 

そのため、現在は家電系の返礼品特典は少なくなっています。

 

 

また、寄附金額も大きいのでお肉やお米などの日用品を交換した方がお得な場合が多いです。

 

 

「それでも家電がほしいんだ!」

 

という場合は、「ふるなび」というふるさと納税サイトに家電は登録されています。

 

基本的にふるなび以外のポータルサイトでは家電系特典はほぼ全滅状態なのが現状です。

 

 

→ ふるなび

 

 

 

ふるさと納税とは何かを文章でまとめてみた

 

ふるさと納税とは全国に存在する自治体への寄付金制度です。

 

出身地の自治体や応援したい自治体など好きな自治体へ寄附することができます。

 

 

そして、自治体は寄附に対するお礼の品を用意しているのがほとんど。

 

例えば、1万円寄附するとして自治体Aにすればお肉3キロ、自治体Bに寄付すればお米10kgという具合にです。

 

 

「寄附」なのに「ふるさと納税」という名前がついている理由は、限度額内であれば寄付した金額と同じ税金が控除されるからです。

 

(限度額内のふるさと納税であれば、実質的な自己負担金2000円を除いて全額控除されます)

 

 

つまり、実質2000円の負担であなたは豪華なお礼の品がもらえる。

 

自治体も税収が増えるという双方にメリットがあるWin-Winな制度ということです。